見出しなみの一つ。

昭和初期頃まで多くの女性が露出の低い服装をしていたと思います。それまでは肌を出すことの方が珍しい、または厭らしい印象があったのではないでしょうか。しかしながら時代が進むにつれ、諸外国の文化が入ってくるようになると女性の服装は一変しました。ミニスカートやホットパンツ、それまで服のような水着が多かったのがビキニになりました。その進化は現在でも変わらず続いており、この変化によって女性の肌に対する美意識が物凄く高くなったのではないかと思われます。男性の目に触れることは勿論、綺麗に衣装を着こなしたい、周りから綺麗だと思われたい、清潔な印象を持っていたいというようなことから、女性にとって脱毛は大事な身だしなみの一つなのではと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ