やっぱり男受けのため

きれいに脱毛を完了すれば、おしゃれが気兼ねなくでき、まめに体毛を剃る必要がなく、自分のために行ったと思えるのかもしれません。しかし、脱毛(特に、業者サービスを利用する場合)は、お金もかかるし、時間や手間が必要で、痛みがあること、裸を見られることにも耐えなければならない、とても面倒なことを継続しなければならないということです。

自分のことだけであれば、おしゃれなんてしなくてもいい、剃っていない部分は隠せばいい、と体毛問題をうやむやにしてしまうことは簡単で、脱毛に一歩踏み出す最大の決め手は、やっぱり男受けなのかもしれません。日本の男性が、特に、女性がつるつるの肌であることを盲信していることを、日本の女性はちゃんと知っているから、とっても気にして、苦しんでいるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ