ずばり、「美」

脱毛と言えば、「美」。私はそう考える。
第一に、見た目の良さである。脱毛して毛がなくなれば、その肌はより白く、より滑らかに、より女性らしく見えると思う。私は、人の無駄毛に対しては特に何も思わないが、自分のに対してはものすごく嫌悪感を抱く。だから、脱毛とまではいかないがカミソリで剃って処理をする。そうすると、やはり断然綺麗に見えるし、あえて脚を出すファッションをしたいような気持ちにもなる。馬鹿らしいと思われるかもしれないが、毛がないというだけで自信の度合いも変わってくるのだ。

第二に、手触りの良さである。肌に触れた時、やはり毛のフサフサ感よりも、つるつるで滑らかな方が気持ちがいいし、もっと触りたくもなるだろう。これは、カミソリ派の人には難しい事である。カミソリで剃ると、見た目は綺麗になっても毛のチクチクした感じが残ってしまうからだ。これにより、夏、Tシャツを着て彼に会う時、腕を組みたいのにチクチクが気になって組めない、もっと近づきたいのに、もう伸びてしまった毛が見えてしまうのではないかと気になって近づけない、そんな女性もいると思う。

これらの問題点を解消することから、脱毛というのは「美」を得るための大きな方法の一つだと私は考える。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ